【まちなかシネマ賑わい創出事業】2018/10/28・29映画「検察側の罪人」

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。

・・・・・・・・・作品紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

【日時】2018年10月28日(日)・29日(月) 

         10月28日(日) 1) 10:30~  2)14:00~ 

         10月29日(月) 1) 10:30~  2)14:00~ 3)18:30~

【場所】ベルフォーレ津山

【料金】当日券のみ  一般1,500円 学生1,200円 小人1,000円 (200円割引券有り)

【割引券配布場所】アルネ津山館内の各所/ソシオ商店街各所/ブックセンター各店舗/ツタヤウエストランド店/コスモ/津山/広域バスセンター などで、配布

【主催】ベルフォーレ津山  (指定管理者)津山街づくり株式会社

【お問合せ】0868-31-2525ベルフォーレ津山

アーカイブ