【津山市立図書館】2010/10/30~11/7 「北方系」美術展

津山市、真庭市、美咲町など岡山県北部に住みながら、独自のスタンスで制作を続けるアーティストの作品展示を行います。

出品者:石村朋子、太田三郎、柴田れいこ、長尾泰典、山下虔華、渡辺康子(五十音順)

【期間】2010年10月30日(土)~11月7日(日)

【時間】10:00~19:00(図書館開館時間)

【場所】アルネ津山2階・津山市立図書館

【内容】

・石村朋子
花殻、枯葉、枯枝などを円環状に組み立ててリースを作成。吟味した素材と卓抜な造形力で、植物の新たな表情を引出します。

・太田三郎
郵便を素材として「時間」と「場所」の関係性をテーマに制作。今回は本展の企画、会場構成、展示にも総合的に関わります。

・柴田れいこ
子育てを終えた50代で一念発起し、大阪芸術大学写真学科に進学。日本人と結婚して日本で暮らす外国人女性のポートレートを発表します。

・長尾泰典
イギリスで「アーツ アンド クラフト」運動の家具工房で学ぶ。不要な装飾を排した、骨太の大テーブルなどを出品します。

・山下虔華
書と魚拓を組み合せるなど、斬新な表現を試みる書家。今回は広い床面を存分に使って、上から眺める展示に取組みます。

・渡辺康子
樹脂粘土を素材にして、野山の草花を実物そっくりに制作。彼岸花と四季折々の植物が咲く不思議な光景をご覧いただきます。

【料金】無料

【主催】美術作家

【詳細パンフレット】
文化がまちに出る!プロジェクトin津山【PDF:1.30MB】

アーカイブ