【アルネ津山】2017/03/18 まちなかで子育て支援スタート~親子でにぎわう中心市街地を目指して~

津山市では、子どもを生み育てやすいまちづくりを推進し、中心市街地を活性化するため「まちなか子育て支援拠点事業」(「親子ひろば わくわく」と「一時預かりルーム にこにこ」)を2017年3月18日からアルネ津山(新魚町)で開始します。
この2つの事業についてお知らせします。

親子で楽しく遊びたい場合は「親子ひろば わくわく」

「親子ひろば わくわく」は、未就学児の親子の遊びや交流、子育て相談や子育て情報の提供の場として設置します。運営は株式会社おもちゃ王国に委託し、現在、小学生以下の子どもの遊び場として同社が運営している「おもちゃ大使館」の設備や機能を活用します。
また、毎月、子育て支援に関する講習などのイベントも開催していきます。

【利用時間】10:00~16:00

【対象】未就学児と保護者(市外の人も利用可)

【定員】無し(混雑時は入場制限あり)

【料金】無料(おもちゃ大使館も無料で利用可。ただし、小学生と小学生のみ利用の保護者は有料)

【利用方法】事前申し込み不要(会員登録要)

【休館日】火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)
※イベント開催時に実費が必要な場合あり。保育士や子育て経験のあるスタッフを配置しています。

【チラシ】「親子ひろば わくわく」

子どもを短時間預けたい時は「一時預かりルーム にこにこ」

「一時預かりルーム にこにこ」は、保護者がアルネ津山などでの買い物やいろいろな用事、リフレッシュをしたい時などに未就学児を預けることができる場です。「親子ひろば わくわく」と同様、株式会社おもちゃ王国に運営を委託します。
市立図書館(4階)や津山男女共同参画センター「さん・さん」(5階)をはじめ、アルネ・津山内の各種施設や事業と連携しながら土・日・祝日を含めて運営していきます。

【利用時間】10:00~19:00

【対象】生後6カ月から就学前までの幼児(市外の人も利用可)

【定員】10人程度(0歳児は2人程度まで)

【料金】3歳以上:400円(2時間)、3歳未満:700円(2時間)。
 以後30分(30分未満の端数は切り上げ)ごとに150円加算。
 3歳以上上限額1,900円、3歳未満上限額2,200円

【利用方法】事前申し込み要(空き状況により当日利用可。長時間利用の場合は相談要)

【休館日】火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)
※保育士が対応します。運転免許証など、本人確認ができるもののほか、ミルク、おやつ、弁当(必要に応じて)、飲み物、着替え、おむつなどをご用意ください。

【チラシ】「一時預かりルーム にこにこ」

【お問合せ】0868-32-2179(こども課)
※3月18日(土)以降は施設への直通の電話番号が開設されます。

【関連URL】
⇒ http://www.omochaoukoku.co.jp/news.php?id=887
⇒ http://www.bigcosmic.com/board/s/board.cgi?id=toyking4

アーカイブ